マザーアース日記

群馬県桐生市のプライベートヒーリングルーム
マザーアースのブログです☆
<< タウンわたらせにエッセイが掲載されました | main | 9月のおすすめメニュー >>

魂の仕事とは◆岨笋鯑海い討れた人々との出会い〜

  前回では、過去生でも色々な国で薬草を使って人を癒していたこと、

 そして生まれ変わるたびに、私の古い過去生である薬草を使って人を癒

 していた修道士が守護霊としてついてくれているという一言がヒーリン

 グルームを開くきっかけになったというお話しをさせていただきました

  今回は、その過去生を見てくれた女性が告げた予言的な一言から

 お話させていただきます。


  その女性は更に「今建物が見えるのだけれど、一階は普通の化粧品の

 サロンがあって、その二階、九の字に折れた階段を上がったところの

 一室で、特別なヒーリングをしているあなたが見えるわ」と言いました

  その頃、ヒーリングルームがある部屋には1人暮らしの女性が住んで

 いたので、その時の私にはその言葉はあまりピンと来ませんでした。

  ただ、その女性とは初対面で、私のお店に来たことがないのに、

 なぜ、建物の構造が分かるのだろう。すごいな〜と内心思ってました。

  けれども、それが7年後に現実のものとなったのです。


  話は一変しますが、20代の頃もうすでに私を今の仕事に導いてくれ

 たと思われる、不思議な出来事についてお話をさせていただきます。

  私のホームページのプロフィールに宇宙と一体になったと書いてあり

 ホームページを見て来て下さる人からは、それってどんな感じですか?

 とよく聞かれますので、ここで紹介させていただきます。

  それは28歳の時でした。

 私はその時流行っていた『バシャール』を友人から借りて、興味深く

 読んでおりました。

 いつものように床に入り、寝つきの良い私はその夜もすぐに眠りに

 入りました。

 そして大抵朝まで目が覚めないのですが、夜中にふと目が覚めたのです

 パチッと目が開く音がしたかと思うほど、完全に覚醒していました。

 その時、何かがやって来る気配を感じました。

 当時1人暮らしをしていたのですが、不思議なことに怖い感じは全く

 なかったのです。

 そして、私のかけていたふとんが柔らかな光に包まれ、その瞬間

 私も光に包まれました。

 それは私の人生で後にも先にも経験したことのない、最高に至福のひと

 時でした。

 そして、私の中には宇宙のすべてが満たされていて、足りないものは

 何もない。ということを一瞬にして悟った出来事でした。